1. acowrapトップ
  2. ブログ
  3. 使い方について
  4. アコラップの各サイズの使用例

アコラップの各サイズの使用例

アコラップは全部で3サイズ。
サイズは 日本の和食器にも綺麗に合うよう作っています。

[ S :3寸皿用 ]
[ M :5寸皿用 ]
[ L :9寸皿用 ]

日本のみつろうやホホバオイルからできたこのエコラップは、お皿のフタとしてだけでなく、野菜やチーズなどの食材の保存にも適しています。

さっそくSサイズからご紹介します。

 

蜂が優雅に飛ぶイラスト

 

Sサイズのエコラップをフタ代わりにして蓋をした空き瓶

Sサイズは空き瓶や小鉢のフタにピッタリです。
野菜の場合は、生姜の切り口や玉ねぎの切り口に合うサイズです。

泥色のSサイズで生姜を巻いている右手

冷蔵庫にいつも生姜がある方も多いのではないでしょうか?
アコラップは生姜の保存にとてもオススメです。
生姜の切り口にラップを密着させて手でやさしく包み込むだけで野菜の形状に合わせてピタっと張り付いてくれます。

蜂が蜂の巣にとまるイラスト

青色のMサイズのエコラップを両手でお皿を巻いている様子とその横に置かれた切り口をラップした林檎

Mサイズは、一品料理やおかずの残りを入れたお皿のフタにピッタリ。アボガドや林檎の切り口をカバーするのにも適したサイズです。

Mサイズのエコラップの上にあるチーズとその横の削られたチーズ

チーズを保存する時もアコラップが活躍します。蜜ろうの保湿力で乾燥を抑え、空気を少し通すので発酵する中での水分調整にも一役買ってくれます。

蜂の巣のイラスト

蘇芳色のLサイズでバジルを包む様子

Lサイズは、大きな葉野菜やパンの保存に使えます。ハーブ類や下準備のカットを済ませた野菜・きのこなどをまとめておくのにも便利です。サンドイッチを包んでお昼ご飯に職場や学校に持っていくのにもピッタリのサイズです。

野菜が入ったバッグ状のエコラップ

サラダはカットして水洗い後、水切りをしっかりとしたものをまとめて入れておくと、毎回サラダミックスを作らなくていいのでとても楽チン。みつろうがしっかり保湿し乾燥を抑えてくれるので葉野菜も長持ちなのが嬉しいポイント。

Lサイズのエコラップを折って袋状にし、サラダミックスを保存する様子

袋状になるようにラップの端を折り込めば、開け閉めできる容器に。
カットした細葱の保存などにもピッタリです。

いろんな野菜やパンなどに、どんどん試して新しい使い方を発見していただけたら嬉しいです。

雑誌からだにいいことの上にあるエコラップ

2020.05.11

【雑誌】『からだにいいこと』2020年5月号にて、aco wrapをご紹介いただきました。

エコラップをセルローススポンジで洗う様子

2020.05.07

アコラップのお手入れ方法

アコラップについてabout aco wrap

SNSfollow us

お問い合わせcontact

お問い合わせ